特別講演

A会場(7階-701教室)10001130

                                             

社会貢献できる作業療法士力を覚醒させよう

作業療法カウンセリングによる臨床技法を中心に

             

 

講 師:大嶋 伸雄 先生(首都大学東京大学院)

座 長:谷村 浩子 先生京都医健専門学校

 

A.日本の作業療法士誕生から現在までを振り返る

B.日本の作業療法士の役割と専門性

C.「心+身体」を忘れた作業療法士たち

D.冬眠中の作業療法を覚醒させるため認知作業療法は生まれた

 

 

【講師略歴】

 日本認知作業療法研究会・代表理事

 日本リハビリテーション・カウンセリング研究会・代表理事

学歴:法政大学,専門学校社会医学技術学院作業療法学科卒業

19993月 筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻

   リハビリテーション・コース修了(リハビリテーション修士号)

20043月 昭和大学医学部公衆衛生学教室 学術博士(医学)授与

職歴:19894月  秋田県南部老人福祉総合エリア 診療リハビリテーションセンター 作業療法士

19921月 秋田県立脳血管研究センター リハビリテーション科 作業療法士   

19946月 秋田大学医学部附属病院 整形外科リハビリテーションセンター 文部技官

19994月 埼玉県立大学 保健医療福祉学部作業療法学科講師(2003 助教授)

20059月 英国 St. George’s University of LondonVisiting Scholar9—3月)

20064月 公立大学法人 首都大学東京大学院人間健康科学研究科

           健康福祉部・作業療法学科 准教授 (2009年4月:同 教授)

20141月 University of California, San Francisco

Visiting Scholar13月)

 

201811月 現在に至る